• HOME
  • >
  • BNLS小顔注射と今までの脂肪溶解注射と効果や料金を比較してみた
BNLSの効果、失敗、お悩みなんでも解決

BNLS小顔注射と今までの脂肪溶解注射と効果や料金を比較してみた

「BNLS注射」は今までの「脂肪溶解注射」とどこが違うの?


BNLS注射、メソセラピー、リポビーン、エラボトックスを徹底比較しました!


顔やせや痩身、小顔を叶える方法として、脂肪溶解注射が有名です。
今までの脂肪溶解注射とニューフェイス「BNLS注射」を比べると、自分には何がいいんだろう?とわからなくてお困りの方が多いように思われます。
そこで、できるだけわかりやすくするためそれぞれを比較してみました。ただし作用には個人差がありますのでご了承ください。
 
 


脂肪吸引 メソセラピー、
リポビーン 
エラボトックス BNLS
痛み 痛みあり 痛みあり 痛み
ほとんどなし
痛みなし
効果
ダウンタイム
(腫れ、内出血) 
腫れあり
腫れあり 腫れほとんど
なし

腫れなし
総合  △ ○  ◎ 

 


続いて、脂肪溶解注射の3つの効果を比較します。メソセラピー、リポビーン、BNLS注射の効果は?


効果の高い順では
1位 リポビーン
2位 メソセラピー
3位 BNLS注射
 
やはりリポビーンの効果は高いです。しかし、残念なことに脂肪が落ちすぎて顔が変形するほどげっそりしてしまう失敗もあるのが現実です。脂肪細胞を減らしていく効果には個人差があり、実際にやってみないと予測ができまないのでリスクがありますが、それほどまでに効果が高いとも言えます。
痩せすぎてしまったり、逆に顔がたるんでしまったり、そんな心配をしたくないなと思われている方はBNLS注射のほうが、失敗の心配がなく試しやすいと思います。
やはり最先端の顔やせ術だなと思います。
 


では、脂肪溶解注射のメソセラピー、リポビーン、BNLS注射のお値段は?


 

 メソセラピー   1回26,250円
 リポビーン(7×7cm)  12000円 
 BNLS注射(1cc1本)   10,000円〜
※BNLS注射はキャンペーンで3,000円台からあり

 
クリニックや回数、目指す顔やせの段階によっても違いますが、気軽に受けやすいのはお値段から見てもBNLS注射ですね。
 


脂肪溶解注射3つのうち、腫れが一番出やすいのは?


 

1位 リポビーン
2位 メソセラピー
3位 BNLS注射

 
リポビーンは薬剤の濃度によって腫れ方がさまざまです。このなかでは残念ながら最も腫れます。
メソセラピーも同様の腫れがあり、BNLS注射はほぼ腫れません。リポビーンの場合は、腫れがおさまり注射前の顔に戻るまでにおよそ2週間かかります。
せっかく施術を受けたのに2週間や1ヶ月も腫れに悩まされていては、気持ちもすっきりしませんし苦痛ですよね。
BNLS注射の場合、周りにも気づかれずこっそりと顔やせできますし、顔やせの効果実感が早くて翌日からなので、予定に間に合わせたい場合にもおすすめです。
 


脂肪溶解注射3つのうち、一番痛い!のは?


 
 

1位: メソセラピー・リポビーン
圏外: BNLS注射

 
BNLS注射は痛くありません。ダウンタイムもありません。これが人気の秘密ですね。


※ダウンタイムとは(施術箇所が腫れたり傷ができたりする期間)

 

施術してから回復するまでの期間のこと。美容整形の治療では、ものによって麻酔により腫れがおこったり手術に伴い腫れやむくみ、アザなどができて、日常活動が制限される場合がある。個人差があるが、メイクが出来なかったり、マスク生活を余儀なくされたり、手術前と同じ日常生活を取り戻せるまでの時間のことをいう。

 
 
BNLS注射は重大な失敗や腫れが無いので、初めての顔やせや速攻小顔になりたいと思っている方には、おすすめの施術だと言えます。
初めての施術で、しかも「顔」なので失敗はしたくないものです。腫れてしまったり、副作用がきつく出たりする不安があるだけで、なかなか気持ちが前向きに前向きになれません。
心構えのある方でも、施術後に思った以上に腫れてしまったら、痛みと不安でいっぱいになります。
そこでダウンタイムがほとんどない、BNLS注射は不安のない新しい顔やせなので、まるで美容室に行くように、エステに行くように気軽に受けられます。
 小顔注射は今後「顔やせ」の主流になってくる予感です。